忍者ブログ

http://momorin8808.blog.shinobi.jp/

引越し やること リスト 一人暮らし-考えみる

引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのは実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、エアコン取り付け一台につき軽く一万円ほどはかかるようです。エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているならそれ程高額にはなりません。でも、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、大型家具、家電などにはなるべくダメージを与えないようにしましょう。

新しい住まいのために手に入れた大型家具などでしたら、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して運搬するべきなのです。きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、それが細かい傷だらけだったりしたら、誰だってガッカリしてしまうでしょう。
エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。



ただ賃貸住宅の場合、退去時に、物件を管理する人を探してエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか聞いてみるのが良いです。その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。


エアコンを元の家に残していけるということは取り外しの工事費がかからなくなり、幾分か費用の節約ができるでしょう。



先日引っ越したのは良いのですが、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。

マンションの高い階に住んでいたため大きい荷物の移動は、業者にお願いするしかありません。引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分で運べそうなものを残しておいて引っ越しの前日までに台車を借りて荷物を載せ、新居に搬入しました。
台車一台で、よくも運んだものです。
いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。


私の引っ越しでは、新築の家だったのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、引っ越し先が新築でなければ引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。
ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、新しいものを買おうと考えているなら使える器具を調べておくことが必要です。大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品を買い取るサービスを行ってくれる引っ越し業者が出てきて、大変な人気を呼んでいます。
大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、それからソファーとかの応接セットなど、バラエティ豊かな不用品が、引っ越しでは出るものです。買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている引っ越し業者を利用するようにすると、査定がしっかりとしていますし、様々な種類の品物を受け付けてくれますから、それだけでも大変便利なのです。
姉が居住しているアパートから生まれ育った我が家にまた住むことになりました。
引越のため、私と母が、引越の前日に移動のまとめの手伝いに行きました。10年住んでいた部屋にふさわしく、不用な物のがびっくりするような事になっていました。
不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台半分くらいに量が減り、たいして苦労せず引越をする事ができました。
引越しするに際してそれ用の便利グッズを使いこなすと、時間と労力の節約に一役買ってくれるでしょう。


引越し向けアイテムの中には、いつでも使える便利なものが沢山あるので、買っておくことをオススメします。

近頃は、100均にも便利な引越しアイテムがたくさん並んでいますから、ぜひ取り入れてみてください。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R